パソコン初心者が知っておきたいインターネット光回線接続について!Wi-Fiとの違いは?どっちがおすすめ?

526266501

パソコン初心者が知っておきたい光回線のポイント

パソコンを買ったらインターネットも使いたい!

光回線を使っている人が多いけど、Wi-Fiも人気みたいだしどうしよう。

そう悩んでいるパソコン初心者の方も多いはず。

インターネットに接続するには、光回線を始めとする有線タイプと、Wi-Fiと呼ばれる無線タイプがあります。

今回は有線、特に光回線について詳しく説明していきましょう。

そもそも光回線って何?

最初に「光回線」って何?というところから話をしましょう。

一般的に光回線と言っています、インターネットに接続するときに光回線を経由する事からそう呼ばれます。

光回線パソコンにLANケーブルを接続し、ルーターを介して光回線に切り替わり、インターネットに接続されます。

図で表すとこんな感じです。

pc_02

一昔前まではLANケーブルをモデムに繋ぎ、光回線の変わりに電話回線やADSL回線を介してインターネットに接続するケースが多かったのですが、今はほとんど光回線です。

建物の施工の関係で光回線が導入できない、という例も一部ありますが、そういう時にはWi-Fiルータを使ったインターネット接続を契約する事を個人的におすすめします。

話を元に戻しますが、インターネット接続には有線と無線の種類があり、さらに有線は光回線・電話回線・ADSL回線というように回線の種類があります、という事を覚えておきましょう。

そして現在、通信が高速・安定しており主流となっているのが光回線です。

光回線のメリットとデメリット

1526143492

インターネット接続の主流となっている光回線接続ですが、場合によっては無線LAN(Wi-Fi)がいい場合もあります。

光回線のメリットとデメリットをちゃんと把握すると、インターネット契約の際の参考になるでしょう。

光回線のメリット

光回線のメリットはこちら

・高速で安定した通信

・通信量制限がない

高速な通信とは、インターネットを利用する際、ページを開く時のタイムラグが短い、ダウンロードにかかる時間が少ない、という事に繋がります。

また 通信が安定というのは、途中で通信が遅くなったり途切れたりしにくいという事を表します。

スマホでネット上の動画を見ていると、たまに動画が止まったりする経験をした事はありませんか?

光回線での通信だと、無線と違い圏外になったり通信速度が遅くなったりしづらいと言えます。

最後に通信量制限についてです。

スマホやWi-Fi接続でインターネットを使う場合、一か月に利用できる通信量や、一定期間(3日間)で高速に利用できる通信量に設定がされています。

規定の通信量を利用しきってしまうと、通信速度がかなり遅くなった状態で使用しなければなりません。

有線の光回線ですと、通信量が設定されていないため、通信量を気兼ねする事なく利用できます。

光回線のデメリット

次に光回線のデメリットです、メリットとあわせてデメリットも把握しておきましょう。

・利用開始に工事が必要な場合がある

・申し込みから利用開始まで間があく

・家(ルータ設置場所)でしか使えず、持ち運べない

Wi-Fi(無線)と比べた場合、やはり持ち運びができず、利用場所が限られてしまうのはデメリットと言えます。

また、覚えておきたいのが、インターネット契約申し込みから利用開始までに間があき、場合によっては工事が必要だという事。

マンションなどの場合には既に光回線を敷設しており工事が不要の場合もありますが、光回線を引き込むための工事が必要になるケースもあります。

その上で光ルータを設置して利用開始となるので、10日以上、長いと1ヶ月くらい時間が必要になる事も。

ですので光回線でインターネット契約をする場合には、最初に利用開始時期の確認をしておくといいでしょう。

(こちらから聞かなくてもスケジュール確認はしてくれますのでご安心を)

通信の快適さと持ち運び、どちらを選ぶか?

光回線のメリットとデメリットについては説明した通りです。

安定して高速な通信を使える分、持ち運びはできません、というのが光回線の特徴です。

さて、ではパソコン初心者の方は何を気にするべきか、という事をお話ししていきましょう。

ポイントは「安定して高速な通信」という点について。

「光回線は安定して高速な通信ができるみたいだけど、じゃあWi-Fi(無線)通信はそこまで通信の質が悪いのか」と気になるのではないでしょうか。

確かに光回線の方が高速で安定した質のよい通信ができます。

しかし、Wi-Fi通信も一時期に比べ大分通信の質が改善されるようになりました。

昔は圏外だったり電波の弱い場所が多かったけど、段々とそういうエリアは減ってきている、というのも事実です。

初心者のうちは、神経質にインターネットを使っていかない限り、あまり通信の質を気にしなくても大丈夫です、という事を補足しておきます。

どんな人に光回線がおすすめなの?

1526265024

では具体的に「どういう人に光回線がおすすめなのか」という説明です。

・デスクトップパソコンを利用している

・インターネットで動画をたくさん見るつもり

・ダウンロードをたくさんするつもり

・家族みんながそれぞれのパソコンでインターネットを利用する

デスクトップパソコンを使っている場合、パソコンを持ち運ぶことがないと思いますので光回線での契約がおすすめです。

動画をたくさん見たり、ダウンロードをたくさんするというのであれば、通信量制限がなく通信の質もいい光回線の方がいいですね。

また、家族みんなでそれぞれインターネットをする、という場合は必然的に利用する通信量が増えるため、光回線の方がいいでしょう。

光回線の方が優れているわけではない

安定して高速な通信を利用できるのは、光回線の大きな魅力です。

一方で、Wi-Fi(無線通信)も大分使いやすくなってきており、持ち運びしてどこでもインターネットを使えるというのは非常に便利です。

インターネット契約で迷ってしまうかもしれませんが、大事なのは、あなたにとって有線と無線、どちらの方がパソコンライフを楽しめるかという事です。

今回の内容をもとに、皆さんがパソコンを快適に利用するため、どちらの形式でインターネットの契約をするのがいいか参考頂ければ幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。