ブログのインデックス速度とは?どうやって確認したらいい?初心者でもわかりやすく解説!

PC_1532394560

意外と重要なブログのインデックス

今回はブログのインデックスについて説明していきます!

インデックスについての理解があるかどうかで、アクセス結果が変わってくる事があるので、地味に重要なポイントだったりします。

インデックスをしっかりとおさえて、ブログでアクセスをしっかり集められるように是非ご参考ください!

ブログのインデックスってそもそも何?

ブログのインデックスって、そもそも何だろう、という点から説明をしていきましょう。

ブログの記事について使われる言葉

インデックス、という言葉はブログの記事を対象に使われる事が多いです。

「ブログの記事がインデックスされた」

「ブログの記事がインデックスされない」

このように表現します。

インデックスの意味

PC_1532401062

インデックスの意味ですが、簡単に言うと、「Googleが認識する事」です。

Googleがブログの記事を認識すると、検索エンジンでサーチ候補に組み込んでくれます。

ブログ記事の存在を知ったグーグルが、「こういう記事作ったんだね、検索候補に表示させるね」と検索結果に組み込んでくれるんですね。

逆に、インデックスされないと、いくらグーグルで検索しても、検索結果に表示されません。

Googleという検索エンジンに認識される事、つまり「インデックス」されないと、どんなに頑張ったブログ記事も意味がない、という事を覚えておきましょう。

インデックス速度はサイトによって違う

ブログ記事をGoogleに認識してもらう事がインデックス、という点を抑えたら、今度は「インデックス速度」について覚えていきましょう。

どうやってインデックスされるの?

まず「インデックス」ってどうやってされるの、という事をざっくりでいいので知っておきましょう。

Googleはweb上にあるサイトを定期的に巡回して、新しいwebページ・更新されたwebページを確認しています。

その巡回するシステムをクローラーと言います、まぁ新しいwebページを発掘するための定期巡回するロボットだと思って下さい。

そのクローラーが巡回する事で、新しいwebページはグーグルに認識されるようになります。

すぐにインデックスされるわけではない

ちなみにクローラーはすべてのサイトを定期的に均等に巡回しているわけではありません。

ここが重用なのですが、サイトによってクローラーの巡回頻度が違うんですね。

これが何を意味するかというと、新しいブログ記事がすぐにインデックスされるサイトと、せっかく新しいブログ記事を書いてもなかなかインデックスされないサイト、というように差が生じる、という事に繋がります。

インデックスされるまでの速さ、それがすなわりインデックス速度なのです。

インデックス速度が遅い場合のデメリット

PC_1532401134

インデックス速度が遅い場合、デメリットが生じる場合があります。

せっかく書いたブログ記事がなかなかインデックスされない、という事は、検索してもブログ記事が表示されない。

つまり検索によるアクセスを一切集める事ができないんですね。

例えばこんなケースが考えられます。

「夕方のニュースの特集にあわせて、関連記事を書いておこう」という狙いでその日の午前中にブログ記事を書いた。

しかし、夕方ニュースの特集の時間までにブログ記事がインデックスされず、検索している人はたくさんいるのにアクセスが集まらない。

何故ならインデックスされていなければ、どんなにいい記事であっても検索結果に表示されないから。

という事が起こりえるワケです。

どういうサイトだとインデックス速度が速い?

そこで気になるんが、どうしたらインデックス登録を速くする事ができるのか、という事。

インデックス速度を速めるためのポイントは二つあると思ってください。

①記事更新をGoogleにこちらから打診し、クロール(巡回)を促す

②クローラーの巡回頻度が高いサイトにする

①記事更新をGoogleにこちらから打診し、クロール(巡回)を促す

どういう事というと「こちらに新しいwebページありますよ!登録しに来てくださいね!」と自発的にGoogleへ巡回を促す方法です。

これについてはいくつか方法があるため、別途説明いたします。

ただ、この方法は必ずしも「すぐ」効果があるものではなく、場合によっては何もしないよりはましだけど、という結果になりえる事も覚えておきましょう。

②クローラーの巡回頻度が高いサイトにする

もう一つのポイントですが、サイトのクローラーの巡回頻度を高める、という事が挙げられます。

サイトによって、巡回頻度が異なるというのは前述した通りですが、実はどういうサイトだと巡回頻度が高くなるか、という項目があるのでしっかりと押さえておきましょう。

インデックス速度が速いサイトの特徴

PC_1532401178

更新頻度が高い

サイトのインデックス速度を上げる方法の一つが、更新頻度を上げる事です。

例えば毎日記事を更新しているサイトは、クローラーがよく巡回してくれます。

Google側の立場を考えるとよくわかると思うのですが、更新頻度が低いサイトは、巡回しても無駄骨になる可能性があります。

「このサイトはよく更新しているから、また早いうちにこよう」

「このサイトはあんまり更新されていないし、今回の巡回も無駄になっちゃった。たまに来るだけでいいや」

というように差別化される事になります。

サイトの訪問者数

そのサイトの訪問者が多いかどうか、というポイントもインデックス速度に影響してきます。

Googleはユーザーファーストを謳っていますから、訪問者数が多いサイト=多くのユーザーにとって有益なサイト、とみなしています。

という事は、多くのユーザーにとって有益なサイトは、巡回頻度をあげて新しい記事がある時にすぐピックアップできるようにしよう、という流れになるのです。

ですので、訪問者数の多いサイトにしておくと、インデックス速度があがり、結果すぐにインデックスされアクセスも集めやすい、という好循環が生まれます。

SEOとインデックスについて

さて、インデックスについて覚える際にひとつ注意しておきたいポイントがあります。

インデックス=SEOの上位表示、という事ではありません。

インデックスされると検索結果に表示されるようになりますが、記事の内容・検索ワードによっては1ページに表示されない場合もあります。

それどころか、ブログサイトの運営を始めたばっかりの頃は、10ページ目以降になってしまう、という事も十分あり得ますし、むしろ普通です。

そのため、インデックス=検索時の上位表示、というわけではない、という事は認識しておきましょう。

インデックス確認方法

PC_1532401229

そこで気になるのがインデックスの確認方法です。

じゃあどうやって自分の新しいブログ記事が検索結果に表示されるようになったか、つまりインデックスされたかを確認すればいいか、という方法ですが、意外にシンプルです。

新しく作成したブログ記事のタイトルを、全文コピー&ペーストして検索してみましょう(タイトルだけです、本文はコピペしない)

もしくは、新しく作成したブログ記事のURLをそのまま検索してみます。

これだと間違いなく検索結果で上位表示されますので、インデックス有無を確認する事ができます。

初期はインデックスに1日くらいかかる事も

最初の頃は新しくブログを立ち上げ、ブログ記事を更新しても1日くらいインデックスにかかってしまう事もあります。

ですので、速報系など、すぐに見てい欲しい記事を書く場合は注意が必要です。

というより、最初のうちは避けた方が無難ですね。

しかし、ブログサイトが充実してきてサイトパワーが上がってくれば、1時間、もしくはそれ以内にインデックスされるようになってきます。

まずインデックス速度を上げるには、更新頻度をあげるのがおすすめです。

更新頻度をあげるために、日々頑張って新しい記事を書いていくところから始めるといいでしょう!

ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。